« 賞味期限2046年8月 | トップページ | MoVという地形描画ソフト(2) »

2016年12月31日 (土)

MoVという地形描画ソフト

ちょうど1年前、lazarusというフリーPascalを発見した。

昔(20年前だ!)つくったフリーソフトWinMoV

http://www.vector.co.jp/soft/win31/home/se019393.html

を動かすことを漠然とこの1年の目標にしていたのだが、12月29日からラストスパートに入った。

2016/12/29

年内にMoVを動かしたい。ということでWinMoV1.54(1997年版)の複製コーディングを開始する(できるだけそのままlaarusで再現する方針)。

18:04 コンパイルエラーがない状態まで持ってきた。まあ、ここまでなら、Embarcadero DELPHIでもできてたことで、こっからまだ大変なのだが。ただし、Embarcaderoとの違いは、プログラムが「動く」状態からスタートできることかな。Embarcaderoではプログラムが「動かなかった」。デバグの容易さの観点からみて、正直、これはめちゃくちゃ大きな違いなのだ。

2016/12/31

いよいよ大晦日。今日中にどこまでいけるのか!

1、そのまま再現、方針にのっとり、スピードボタンを復活させた。

2、USGSDEMを探し出して搭載、とりあえずこれが動くことを目標に作業することにした。

3、16:04 デバグコードを埋めながら作業し、MAC版で 「〇〇〇.BMP」ファイルができる ところまできた。なお、中身は、めちゃめちゃ。

4、20:20 USGS30秒メッシュデータによる越前岳からの富士山が描けた。20年前はこんなので確かに感動したのだよ。

5、5分後。20:25バージョン。

2

1996年ならともかく、2016年にこれがどのような意味があるのか? まあ、これから。

« 賞味期限2046年8月 | トップページ | MoVという地形描画ソフト(2) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/603941/64702086

この記事へのトラックバック一覧です: MoVという地形描画ソフト:

« 賞味期限2046年8月 | トップページ | MoVという地形描画ソフト(2) »