2017年4月16日 (日)

『2050年の技術』に掲載されたSFショートショート

 英エコノミスト編『2050年の技術』にSFショートショートが掲載されていて、SF以外の場所でSFに出会うことができ、懐かしい思いがした。作者も、アリステア・レナルズ、ナンシー・クレスと日本でも有名なところ。

 SFは未来予測ではない、といわれた70年代以降、近未来を予測してその時代の人間をあつかうSFはほとんど読めなくなったように思う。最近、日本でも藤井太洋など、近未来(ファンタジーとしてではなく、予測される未来として)を描くSF作家が出てきていて、思わぬ場所でSFに遭遇するようになってきたのは、SFの一つの効能としての、未来における人間、を考える部分が生き返ってきているようで嬉しい。(そうでないSFももちろん嬉しいのですが)。
・以下生煮えの議論:
 SFが未来予測「せざるを得な」くなったのは、industry4.0(第4次産業革命)が 本物のせいだろう。本当は、世界の右傾化、国家の孤立化、は産業革命と結びついていると思っているので、これはほんの一部の事象だろうか。
 

2017年4月 1日 (土)

小松左京全集完全版

観光予定が大幅縮小したような気がする。
http://www.jiu.ac.jp/sakyo/
単行本未収録作品がとても少なくなったような。
残念です。

2017年1月 8日 (日)

購入した本

「本の雑誌」1月号、游明朝
 去年の本のチェックし忘れを探した。その中で引っかかったのが
「全裸監督 村西とおる伝」本橋信宏、秀英明朝
 さすがに通読は辛いので、伝説の営業トークの部分だけ。うーん、確かにすごいと思うが、多分一番すごいのは「本人が心から信じ切った態度」だと思うな。でもなんで秀英明朝。
「歴史そぞろ歩き」光瀬龍、本蘭明朝
 歴史読本や歴史と旅 に書かれていた歴史エッセイ 17本を集めたエッセイ集。なかでは「東日流外三群史・考」が一番興味があったので読んだ。うーん、好意的解釈派かあ。そこはSF作家だなあ。
 だが、いまのwikipedia時代、書かれていることの9割がどうでもいい(ググればわかる)説明なので、再刊は難しそう。時代は変わった。
 ほかに、購入した本:
「文藝春秋」1月号、凸版明朝
「破壊された男」ベスター、伊藤典夫訳、岩田オールド
「動物農場」オーウェル、山形浩生訳、岩田オールド
「すばらしい新世界」ハックスレー、大森望訳、岩田オールド
「カブールの園」、宮内悠介、岩田オールド
「NHKテキスト 中原中也詩集」太田治子、リュウミン

2017年1月 7日 (土)

MoVという地形描画ソフト(4)

ランドサット画像を貼り付けた画像300個くらいを作って 東海道新幹線車窓ムービーにした。

Shin778
 まだ、20年前にやったことの範疇です。
 ただし、20年前の数倍のサイズで画像・ムービー作成しているかな。
 富士山をみると結構画像と数値地形モデルがずれている。この辺は 本番で調整しよう。

2017年1月 4日 (水)

MoVという地形描画ソフト(3)

正月休みはここまで。画面はMAC版だが、windows版も同時にできています。

20170104_85318_2
20170104_85332_4
20170104_85359
 

2017年1月 1日 (日)

MoVという地形描画ソフト(2)

今日はここまで

Photo

2016年12月31日 (土)

MoVという地形描画ソフト

ちょうど1年前、lazarusというフリーPascalを発見した。

昔(20年前だ!)つくったフリーソフトWinMoV

http://www.vector.co.jp/soft/win31/home/se019393.html

を動かすことを漠然とこの1年の目標にしていたのだが、12月29日からラストスパートに入った。

2016/12/29

年内にMoVを動かしたい。ということでWinMoV1.54(1997年版)の複製コーディングを開始する(できるだけそのままlaarusで再現する方針)。

18:04 コンパイルエラーがない状態まで持ってきた。まあ、ここまでなら、Embarcadero DELPHIでもできてたことで、こっからまだ大変なのだが。ただし、Embarcaderoとの違いは、プログラムが「動く」状態からスタートできることかな。Embarcaderoではプログラムが「動かなかった」。デバグの容易さの観点からみて、正直、これはめちゃくちゃ大きな違いなのだ。

2016/12/31

いよいよ大晦日。今日中にどこまでいけるのか!

1、そのまま再現、方針にのっとり、スピードボタンを復活させた。

2、USGSDEMを探し出して搭載、とりあえずこれが動くことを目標に作業することにした。

3、16:04 デバグコードを埋めながら作業し、MAC版で 「〇〇〇.BMP」ファイルができる ところまできた。なお、中身は、めちゃめちゃ。

4、20:20 USGS30秒メッシュデータによる越前岳からの富士山が描けた。20年前はこんなので確かに感動したのだよ。

5、5分後。20:25バージョン。

2

1996年ならともかく、2016年にこれがどのような意味があるのか? まあ、これから。

2016年12月29日 (木)

賞味期限2046年8月

 アメリカ製、30 年保管可能な保存食品をお試し購入。

「Mountain HouseのChili Mac with Beef」
 という代物。いかにも食に無頓着なアメリカ人が食べそうな、どろどろした、牛肉のかけらと豆とマカロニ食品をトマトっぽいソースの辛い味付けでごまかしている感じ。奥さんの第一印象はすこぶる悪い。ただし、いざ試食してみると、非常食と思えばそんなに悪くない。奥さんの食後の評価は、
「乾パンとかパンの缶詰よりずっといい。軍とか宇宙食とかがあるので、アメリカの非常食は日本よりも進んでいるのかも」
 実際、キャンプとかの行動食に使うものらしい。
 並行輸入品は残念ながらめちゃくちゃ高くてあまりにもコスパが悪いので、直接個人輸入するか、アメリカまで爆買いに行くか、これから検討予定。
(なお、日本のアマゾンなどでは賞味期限12年になっていますが、英語表示は
"Taste Guarantee 30 Years""Best by August 2046"なので、賞味期限2046年8月としました)

Img1970

ウェブを再開

 ウェブページを再開した。

 従来のアドレスでのNiftyのウェブページサービスが終了する、というメールは受け取っていたが長いことほっておいて忘れていた。ところが、1ヶ月前にふと気がつくとサービス継続の申し込み締め切りギリギリになっていた。これも何かの縁なので、継続を申し込んだ。
 新アドレスは
http://kragen.c.ooco.jp/
 で、20年にわたってunder construction...。更新日を今日にして、このブログをこっそりリンク。まぁ、またいずれ。

2016年12月27日 (火)

産業革命と資本主義

「人工知能と経済の未来」を読んだ。

結論:ぜひ、ベーシックインカム以外の解を探したい、と思った。
 以下、この本を読んで自分で考えた、多分この本には書いていないことを書いてみる。
 まず、「ベーシックインカム」とは共産主義ではないか、と思った。
イギリス中心におきた第一次産業革命は1830-1870年に起きている。
この後半の時期に、
 日本の鎖国が終わり、1854:日米和親条約
 マルクスが「共産党宣言」1848、「資本論」1867を書く
といったことが起きている。
第二次産業革命はアメリカ中心に1930-1950年に起きている。
この時期に
 第二次世界大戦1935-1945
 ケインズ「雇用・利子および貨幣の一般理論」1935-6を書く
といったことが起きている。
 別に、偶然を探しているわけではない。何が言いたいのかというと、過去2回(3回目の産業革命がいつ起きたのか よくわからないが、industry4.0は本物だろう、という立場をとるので)の産業革命は
・経済理論の検証
・世界レベルでの大きな社会変革
とセットで起きている、のではないか。それはなぜかというと、
・「産業革命」により、まず弱者と強者の差が発生する
・階級闘争が発生する。弱者(または弱者に転落しそうな元強者)が強者に戦いを挑む、
・経済の問題点が明確になり、社会を維持するための思想が現れる
 したがって、Industry 4.0がいま起き始めているのだとすると、
・ピケティ「21世紀の資本」はその思想基盤の一つかもしれない(思想としては十分ではないが、このような膨大なデータの解析はコンピュータの産物だ)
・イスラムとの軋轢はその一つの表れかもしれない
 社会を維持するための思想にあたる、一つの解が 世界レベルでのベーシックインカムである事までは理解できる。が、世界レベルのベーシックインカムは、強者を固定するための思想である。戦争以外の、弱者が強者になるチャンスがなければならない。また、悪平等主義は必ず社会を閉塞させることが「わかっている」。このため、階級闘争の発生を抑える思想にはならないだろう。このためには、
 中国的 共産主義
 VRによる架空の豊かさ
 宇宙進出
 コンピュータとの幸福な共生
 寿命の延長による新しい人間の価値観
 すべてSFに書いてあることだが、今までおこらなかったSF的21世紀が起こることは一つの解決だろう。ではそれが、どのような順番でどのように起こるのか。
 じっくり考えてみたい。
 
 

«この世界の片隅に を見ました